親と同居のためのリフォーム

5年ほど前に築25年の一戸建てをリフォームしました。きっかけは親の病気による同居が必要になったためです。築25年ということもあり、これまでに壁の塗り替え、屋根の改修はすでに行っていましたが、内部は今までリフォームしたことがなくずいぶん古くなっていたため子供世帯が住むにあたり新しい設備を入れたいと考えました。2世帯同居になりますが、介護のための同居ということもあり間取りは変えていません。改修した場所は、キッチン・お風呂・1階と2階のトイレは全体を改修、リビングダイニングは床と壁紙のみ、他に2階の個室も2部屋の壁紙をリフォームしました。玄関ドアや室内のドア・窓は以前のままです。キッチンはクローズドキッチンから対面キッチンに変えるために水栓の位置を移動して、壁を取り壊すなど大がかりな作業でした。家全体の改修となったため1カ月以上かかりましたが、その間は改修しない1室に家具などを移動して、住人はウィークリーマンションで過ごしました。リフォーム費用は全体で500万円弱かかっています。改修後の感想ですが、キッチン、トイレ、お風呂に関しては最新の物になったことでかなり費用がかかってしまいましたが満足度は高かったです。寒くて冬は辛かったお風呂も湯舟は保温性が高くなって床は冷たくなくなり大変快適になりました。対面にして壁を取り払ったキッチンは明るくて開放的で、子どもの様子を見ながら調理出来て妥協しなくて良かったなと思った部分です。一方で、フローリングは傷が付きにくいものを選んだせいか硬くて冬は冷たいので無垢にすればよかったなと思いました。また、窓と玄関ドアを変えなかったこともありもともとのものは断熱性が悪いことから冬は寒くて、夏は暑いままなのは残念でした。せめてボロボロで防犯的にも良くない玄関ドアとリビングの大きな窓だけでも変えたらよかったなと思います。病気のため同居が決まってからリフォームに入るまで1カ月程度しかなかったことから、近所の工務店に依頼して合い見積もりは取っていませんので少し割高だったかなという思いは残っています。時間があれば、使いにくい1階の和室も使いやすいように間取りまで変更できたのではないかという点も残念な点です。しかしながら、急いでもらった割には工事は丁寧にしてもらって全体的には成功だったのではないかなと思っています。あとは、耐震などの構造部分は触らなかったため、現在築30年になったわが家はあと何年住めるのかが不安ですが、大金をかけてリフォームしたので子どもが巣立つくらいまでは住み続けられるといいなと思います。

16年目の家の改修

一戸建てに住みはじめてから16年目になり、壁など手で触ると白い粉がつくようになってきたので、これはチョーク現象だなぁと思っていたので、塗装をした方がよいと感じ、複数社から外壁塗装の見積もりを取り寄せることにしました。その中から連絡が何箇所からかきて、家全体の写真を撮ってもらったあと、屋根と壁について一通りチェックしていただき、特に日当たりが悪い壁部分はコケが生えていたので、緑色になっておりコケがついているのがハッキリわかりました。屋根は直射日光が当たるので、かなり傷んでいるのがわかり、コケの胞子がけっこう付いているので、屋根がかなり傷んでいるのがわかりました。塗装をすべきだとわかったので、下塗りを2回、上塗り1回など色々とプランを立ててもらい、塗料によって塗装のモチや料金にも差が出てくるので、その辺を比較してみました。壁はフッ素塗料を使用して、屋根はガイナを使った塗装を行うことにしました。塗装会社によって料金は様々ですが、一番大きな違いがでたのは、足場の料金がサービスに含まれているかどうかです。サービス料金になっていると30万円ほどトータル料金に違いがあり、やはり足場代金を取るところは、かなりの金額になります。 大きな違いを理解しておくことで、塗装会社を比較することは大切です。料金のみではなく、サービスなども含めて、何を重視するか決めました。地元密着の外壁塗装会社を利用して、6月に着工だったので梅雨の時期は割引価格になっており、料金がリーズナブルになっているので色々と価格表示についても満足できる内容でした。塗装する前に洗浄を行いますが、やはり晴れていないと乾きませんし、作業が延びることが多々ありましたが、1ヶ月ほどで作業完了することができました。費用はトータルで140万円ほどで完了することができ、リーズナブルでした。2人で作業を行い、1ヶ月ほどで完了したので、6月の梅雨の時期を上手に活用して費用を抑えることができ、なかなか満足できる価格と出来栄えになりました。屋根はガイナの塗料を使ったことで、夏場の暑い時期に2階の気温が少し下がったのを体感することができました。ガイナ塗料は、運搬用に使用している船の塗料で使用されるものなので、かなり熱を反射するような効果がある塗料ときき、屋根に使用することで直射日光を避けて、かなり屋根も頑丈になるのを実感することができたので、満足しています。

トイレをリフォーム!

・ リフォームした場所

1階と2階のトイレ( 便器と壁紙) ・ リフォームした理由 我が家は、一戸建て注文住宅で、築10年目ですが、トイレの 便器の劣化や壁紙の汚れが気になり始めたのは築5~6年目辺りからでした。 元々は、便器と便座が別々の 組み合 組み合わせタイプの便器でした。 リフォームを行うきっかけとなったのが、 ちょうどその頃 2月の一番寒い時期で、便座が温まらなくなったこと、子どもたちが便座に座ると冷冷たくて、 うんちが出るまで我慢して座っていられないと言っていたことが一番の理由です。 また、 水を流すリモコン部分も接触が悪くなったのか、 誤作動をよく起こすようになっていたことや、トイレのシャワーの勢いの調節が 自動で出なくなったこと、 壁紙が 当時は花がらだったのですが 汚れが 目立つようになり、模様が汚く見えるようになっていたことなど 様々な理由から、不備を感じるようになって、 いっそのことトイレをまるごと変えようと 家族会議で決めました。

・ リフォームの費用

1階、2階と合わせて約45万円です。 注文住宅のハウスメーカーが提携しているメーカーのショールームに出向いて、商品を選び見積もりを出してもらいました。 そこで一目惚れしたのがタンクレスの便器でした! パックメニューで依頼しました。 クロスの張り替え 38000円 ×2=74000万円 トイレのリフォームと工事費用込みで 約19万円×2=約38万円 (約というのは、 交渉して値引きをしていただいたからです) 作業するスタッフの方は2名来てくださいました。 工事は午前9時頃から開始して、 一階二階合わせて半日程度で完了しました。 後片付けと掃除まで丁寧に行なっていただけましたよ。

 ・ リフォームしたその後の感想について

汚れが目立つかなとも思い 迷いましたが …。 トイレの壁紙を思い切って 白一色に変えてみました。 ぱっと見た感じ 清潔感が漂い、自然な明るさが素敵だと感じました。 また、壁紙も、 ふきやすい 素材のものを選んだため汚れに気付いたらサッと拭くだけで綺麗になります。 タンクレスの便器は ふちなしタイプのもので、掃除がめちゃくちゃ楽になりましたね! 以前のように、ブラシでゴシゴシゴこすらなくて良いため 掃除のストレストレスからも解放され 満足しています。 最新の温水洗浄機能付便座なので、利便性も良くて子供達も喜んでいます。 トイレのリフォームをした結果、 全体的に清潔感があります。 また、壁紙を白で統一し タンクレスの便器がコンパクトなため トイレの空間が広々として見えます。 とても快適に使うことができ、 家族 全員が満足しています。

実家のキッチンと浴室を改修

実家のキッチン・浴室をリフォームしました。実家は築80年ほどの古い家なので、嫁いだ私の母は料理をする際不便な思いをしていたと思います。何とか工夫してやりくりしていましたが相次ぐ不具合が起こりリフォームに踏み切りました。リフォームをお願いした会社は地域の工務店です。はじめから付き合いで決めていたので他の会社と金銭的な比較はしておりません。予算は400万円以内と決めていました。 まず、キッチンの改修点ですが大きく変わったのは収納スペースが増えた事だと思います。以前はキッチンの横に食器棚を何個も書き調理グッズや食器を棚の中に沢山入れていました。しかし幅を取りますし、入れられる物も限られていたので母の1番の希望であった収納スペースを多めに作ってもらいました。結果、調理グッズが全て収納され、いつも調理台が片付いておりスッキリした状態となりました。しかし改修後の後悔ポイントとして、頭より違い所に収納スペースを作ったのは間違いだったかなと思う事があります。母は背が高く今は何処にでも手が届く状態ですが今後年齢を重ね腰が曲がった時に届くのだうかと感じる事があります。また椅子に登って物を取り出す際に転倒して怪我をしてしまわないか不安にもなります。老後を考えて出来るだけバリアフリーな改修を行っていたつもりですが、使ってみて改修の後悔ポイントを見つける事もあるんだなと感じました。 逆に良かった点としては床暖房を設置した事です。実家は古い家屋なので隙間風があり冬は特に寒く足元が冷えます。なので床暖房をお願いしたのですが使ってみて本当に便利だなと感じました。また、ガスコンロからIHに変えると掃除がしやすくなったと母は喜んでいました。 次に浴室ですが、以前は薪を入れて火を起こしお風呂を温めるという本当に古いお風呂を使っていました。また洗い場がとても広く体を洗っている時間は寒い思いをしないといけませんでした。 なのでまず、床のタイルを暖かいものに変更し、洗い場も以前の半分ほどにしてもらいました。すると以前のストレスは無くなり父親はリフォームした点で1番気に入っていました。湯もボタン一つで入れられるものに変更し、温度も一定のものになるので温度調節の手間もなくなったのは大きいです。この時代、薪で火を起こす事は手間でしたが良い思い出として脳裏に残っています。しかし、お風呂に関しては後悔ポイントは一つもありませんでした。両親が老後、あんな寒い浴室にいると脳梗塞を起こすのではないかと心配していたので私も大満足です。

退職に伴って中古の戸建てを購入

  1. それまで転勤などの都合で、賃貸ばかりでしたが、主人の退職に伴って10年ほど前に土地付き平屋中古物件を購入し、リフォームして暮らしています。 築30年ほどの家屋でしたが、屋根や玄関回り、床の間付きの和室などは手を入れなくても綺麗でした。柱もヒノキで、現在の建築では使われていないくらいの太さがありました。 元々の住人が、それなりのグレードで建築されていたからだと思います。 購入の決め手は、交通や買い物の便が良かったことと、ちょっとだけ道奥で回りが閑静だったこと、土地の広さが90坪ありましたので、それなりに駐車場などがとれることなど。 購入を決める前に2度ほど見学させていただきました。 やはり、台所とかお風呂はタイル張りだったり旧態依然としていましたので、それに伴って水回りやリビング、ダイニングをリフォームすることにしました。 まず、台所とお風呂はシステムキッチンとシステムバスにし、使いやすくなりました。 トイレも、小と大が分かれた和の便器でしたので、ウォシュレット付きに替え、壁面に手洗いも付けて貰いました。 また、台所が6畳しかなく、ダイニングテーブルを置くには狭すぎましたので、狭い廊下を隔てた和室6畳の居間をつなぐことにして、仕切りと廊下を取り払い、洋間のリビングダイニング1室として使えるようにしました。 1畳の大きさが昔の本間の1畳でしたので、庭に面した広々とした開放感のある部屋になり気に入っています。 また、古い板張りだった外壁をボードに張替え、寒いのが心配だったので断熱材の入れ替えもお願いしました。床の間付きの和室で一部土壁だったところは、そのまま残してあります。 外見は、新築に近い出来になったと思いますが、改築費用は予定通り1,500万円くらいでした。 その他に、家屋周辺の水はけが悪かったのが計算外で、造園関係が元々の予算よりオーバーしてしまいました。300万の予定が500万ほど必要になりました。 今のところ、平屋なので掃除が楽にできるということや、部屋数は少ないですが1部屋1部屋が狭苦しくなく、夫婦で快適に暮らしています。 後悔しているのは、ガラス窓を断熱ガラスにしたことです。それをペアガラスにしておけば今頃の結露に悩まずに済んだのにということと、断熱材を入れても冬になると底冷えして床から冷気が伝わってきますので、床暖房をしておけばよかったということ。 今は、電気カーペットで代用しています。 冬になるたびに、その二点は後悔しています。